カウンターで食事が楽しくなる家

自然素材をふんだんに使用した家づくりに共感いただいたお施主様とのお家づくりでした。お子様に楽しみのある空間をというご希望があり、様々なアイデアをご提案しました。当初はスキップフロアなどをご検討されていましたが、最終的にキッチン前に会話の楽しめるカウンターをつくることにしました。

テーブルでは正面を見て向かい合う形になりますが、これはイギリス議会に代表される対立と議論を促す議会ホールと同じ構図です。それに対し、カウンターでは横並びになるので向かい合うことがなく、物理的な距離も近くなるので、親密になりやすいと言われています。

実際にご家族はダイニングテーブルを使わず、カウンターでお食事をとるように自然となられたそうで、プランニングの力と責任を改めて感じされました。お子様はキッチン前のカウンターを気に入ってくださり、お母さまがお料理している間、ご家族の会話が弾んでいるという光景が生まれています。

落ち着いたネイビーのガルバリウム鋼板に、オレンジに塗った木の玄関が映えるシックな外観です。
暗くなりがちな玄関には窓から柔らかい光が差し込み、観葉植物も元気に成長します。
南向きのリビングは、間接照明で心が落ち着く明るさをつくり出します。テーブルは当社がデザインしました。
モノトーンカラーキッチンの対面には、当社オリジナルカップボードです。
主に食事をとられているキッチン前のカウンター。家族の距離が縮まります。
お子様の「黒い浴槽にしたい」という要望にお応えし、脱衣室とお風呂をモノトーンの空間にまとめました。
アクセントクロスでシャビ-な雰囲気に仕上げました。
蹴上げ面を白色にして、明るい階段にしました。
大きな窓で雄大な山並みを切り取りました。
ロールカーテンの3色の組み合わせはお子様が選ばれました。すでにモンドリアン的なデザインセンスをお持ちのようです。

プランナーさんは清潔感があり、いつでも気さくに接してくれて親しみやすかったです。現場担当者さんもいつもにこやかに接してくれて、明るい現場にしてくれました。リビングと寝室の窓が大きくて日差しがたくさん入ること、寝室からの眺めがよいこと、子供部屋の三連の窓が遊び心があること、これらが特に気に入っています。ダイニングテーブルは使わず、キッチン前のカウンターを毎日使っています。作って良かったです。天然素材のフローリングもとても温かみがあり気に入っていて、松田工務店さんにお願いしてよかったと思っています。

― O様

コンセプト 松田のMODERN
家族構成 夫婦+子供1人
構法 在来工法
基礎 ベタ基礎
階数 地上2階
敷地面積 298.49 ㎡
延床面積 121.93 ㎡
設計 青山 禎弘
管理 原 武司
施工 藤井 新士 他
SHARE

モデルハウス

自然素材の家は身体で体験してはじめて本当の魅力がわかります。自然素材の家を考えていなかったお客様にモデルハウスをご案内したところ、自然素材の質感や香りを体験することで私たちを選んでくださる方も多いのです。また、私たちのモデルハウスは将来的にお客様にお譲りすることが多いため、私たちのつくる実際の家と変わらない仕様でつくられており、そのまま参考にして頂けます。

最新のイベント

イベントをもっと見る