Sustainable Development Goals

こんにちは。松田工務店の前田です。

今回のブログは「SDGs」について取り上げたいと思います。

 

最近色んな媒体でこの言葉を聞くこと、見ることが多くなってきた気がします。

バラエティー番組でも聞いたりするのではないでしょうか。

言葉自体は知っていたのですが、詳しく知らないこともあり簡単にですが調べてみましたのでご紹介致します。

 

『Sustainable Development Goals』

頭文字と最後の一文字を繋げて「SDGs」となります。

これは「持続可能な開発目標」という意味です。

2015年9月に国連サミットで採択されたもので、国連加盟193か国が2016年から2030年までの15年間で達成するために掲げた目標になります。

目標の数は17あり、目標を達成するための具体的な169のターゲットで構成されています。

 

 

見たことがある人もいるのではないでしょうか。17個の目標がカラフルに描かれています。このブログのトップ画像はそれらを色だけで円状にしたものです。

 

  1. 貧困をなくそう
  2. 飢餓をゼロに
  3. すべての人に健康と福祉を
  4. 質の高い教育をみんなに
  5. ジェンダー平等を実現しよう
  6. 安全な水とトイレを世界中に
  7. エネルギーをみんなに そしてクリーンに
  8. 働きがいも経済成長も
  9. 産業と技術革新の基盤をつくろう
  10. 人や国の不平等をなくそう
  11. 住み続けられるまちづくりを
  12. つくる責任 つかう責任
  13. 気候変動に具体的な対策を
  14. 海の豊かさを守ろう
  15. 陸の豊かさも守ろう
  16. 平和と公正をすべての人に
  17. パートナーシップで目標を達成しよう

 

これらの目標を2030年までに加盟国が達成しようということになります。

日本も約4000億円を投資して目標達成に向けて動いています。

これを受けて様々な業種でも目標に対してできることを掲げています。

 

松田工務店としては下記のことを取り入れながらお客様にも、地球にもプラスとなる家づくりを心がけて参ります。

・ZEH(ゼロエネルギー)住宅、LCCM(ライフ・サイクル・カーボン・マイナス)住宅といった「省エネ住宅の普及による消費エネルギー削減」や「自然エネルギーを生活に取り入れる創エネ利用の太陽光発電」を住宅設計の提案に取り入れることを心がけていきます。

 

・「住宅内でのハウスダスト・屋外汚染物質の除去」・「断熱作用によるヒートショック予防」など、すべての人が健康的に住まえる住宅を提案します。

 

・自分たちでつくり上げた家が、住む人にとって、安心かつクリーンであり続けるために、この「つくる責任」と「つかう責任」を、地域に密着しながら、家主様と一緒に果たしていきます。またメンテナンスを通じて、長期的に一つひとつの家を丁寧にケアして、長く住み続けられる街をつくることにつなげていきます。

 

・「木」本来の性質を十分に活かした住宅づくりを通して、汚染物質を出さず、木材の使用も過度にならないよう、環境に対しても持続可能な結果を生み出せる家づくりを行っていきます。

 

他にもSDGsに当てはまることはたくさんあると思います。

2030年まであと9年です。今回改めてSDGsに触れる機会ができたことで近い未来に向けて松田工務店としてできることを考えていけたらと思っています。

 

 

弊社での家づくりを通してSDGsの目標に少しでも近づいていけたら幸いです。

 

-   -  -   -   -   -   -   -   -   -   -  -  -

 

鯖江、越前町、越前市で新築なら

新築・リフォーム(改築・増築)・古民家再生など お任せください!

株式会社 松田工務店
前田 陽介  (まえだ ようすけ)

本社:〒916-0133 福井県丹生郡越前町気比庄3-1

TEL:0778-34-2525

モデルハウス

自然素材の家は身体で体験してはじめて本当の魅力がわかります。自然素材の家を考えていなかったお客様にモデルハウスをご案内したところ、自然素材の質感や香りを体験することで私たちを選んでくださる方も多いのです。また、私たちのモデルハウスは将来的にお客様にお譲りすることが多いため、私たちのつくる実際の家と変わらない仕様でつくられており、そのまま参考にして頂けます。

最新のイベント

イベントをもっと見る