福井で一番あたたかい家|注文住宅・自然素材住宅をお考えなら松田工務店へ

メニュー開く メニュー閉じる

staff-blog

HOME > スタッフブログ > 「エアコンで風鈴を鳴らすのかい。」

「エアコンで風鈴を鳴らすのかい。」

2017.06.10


こんばんは、千秋です。

6月に入り、雨の日も増えてきましたね。

梅雨入りももうそろそろですかね。

じめじめとした季節ですが、爽やかに過ごしたいですね。

 

本日は、「風通し」に関して

読んでみてください。

 

s_P1010998[1]

 

「風通し」は、住宅の湿度と気流の調整を引き受けています。

「室内に風を通す」これは大切な設計項目のひとつです。

 

s_P1010999[1]

 

「住まいは夏を旨とすべし」というかつてのスタイルが

現代は、一年中断熱材というセーターを着ている。

 

s_P1020001[1]

 

「シックハウス」

高気密・高断熱を謳った住宅で、

密室された室内における環境汚染が問題になった。

 

s_P1020002[1]

 

結露

湿度が高い→不快→怒り

 

s_P1020003[1]

 

福井県は南北に風が流れます。

光のことも考えて、南には贅沢に大きな窓を設け、

各部屋が風の通る心地の良い空間にしていくことが

間取りを考えていく上で大切です。

 

冬寒いのはかなわないけれども、

夏も心地よく過ごせるような設計を

どんどん考えていきます。

 

『住まいの解剖図鑑』より

 

 

 

-   -   -  -   -   -   -   -   -   -   -   -  -

 

福井でナチュラルな住宅づくり

新築・増築・改築(リフォーム)・古民家再生ならお任せください!

株式会社 松田工務店
千秋 尚子(センシュウ ナオコ)

この記事が気になったらいいね!