福井で一番あたたかい家|注文住宅・自然素材住宅をお考えなら松田工務店へ

メニュー開く メニュー閉じる

president-blog

HOME > 社長ブログ > 目指せ、ボスキャラ

目指せ、ボスキャラ

2017.02.13


 

IMG_5282

 

今週の「人生はもっとニャンとかなる」シリーズのカレンダーです。

 

IMG_5283

 

本には西郷隆盛の逸話が紹介されています。

 

〔西郷隆盛〕薩摩藩士・政治家
江戸時代末期、幕臣である3人の刺客が鹿児島へ向かっていました。

彼らは勝海舟からの紹介状を手に、西郷隆盛に会って刺殺しようと目論んでいたのです。

そして彼らが西郷の家に着いたとき、玄関の真ん中でふんどし姿で昼寝をしている男がいました。

その男に「西郷はどこか?」とたずねると「おいどんが西郷じゃが」と答えたので3人はびっくりしました。

西郷は、勝の紹介状をひととおり読んだあと、「ほほう、あなたたちは、おいどんを刺しにまいられたか、遠路はるばるご苦労でしたな」と言って、大きく笑いました。

刺客たちはその度量に驚き、目的を果たさず帰っていったということです。

人は、その人の持つ寛容さや胆力の強さに惹きつけられるものです。

 

西郷ドンの肝の大きさには、ビックリです。

 

 

IMG_5284

 

 

吉田松陰の言葉は西郷隆盛そのものですね。二人は同じ時代に生きた長州藩士と薩摩藩士。

例え、敵対する国の藩主であろうとも、その動かざる志と肝によって、否応なしに相手を認めさせてしまうのでしょうね。

西郷ドン、天晴れ!!

 

 

 

この記事が気になったらいいね!