福井で一番あたたかい家|注文住宅・自然素材住宅をお考えなら松田工務店へ

メニュー開く メニュー閉じる

president-blog

HOME > 社長ブログ > 赤坂離宮

赤坂離宮

2016.04.23


皇居・乾通りは、2年前から春や秋に一般公開されています。

 

先日、桜の見頃にはやや早かったのですが、皇居の建物や堀、石垣などと織りなす風情ある空間を堪能した散策する大勢の人達の様子の映像がテレビから流れていました。

 

私も、昨年の12月一般公開に参加して来ました。↓

http://blog.matsutako.co.jp/tsurezure/2015/12/16/%e5%ad%a3%e7%af%80%e3%81%af%e3%81%be%e3%81%a0%e7%a7%8b%ef%bc%9f/

 

なかなか目にできない場所との出合いが、さらに広がりそうです。政府は、観光振興策の一環として、新たに国の15施設・行事の一般公開を拡大するといいます。
注目される一つが、国宝の迎賓館赤坂離宮(東京都)です。今までのごく短い公開期間を、今月19日から支障がない範囲で通年にしたそうです。その情報を聞いて、早速先日の東京出張のおり、列車を朝5時出発に早めて行ってきました。

 

時間があまりなかったので、建物の中までは見学できませんでした。また、中を見るのには事前予約がいるとかで、次回に楽しみは伸ばします。

外の庭園は予約無しで入れました。もちろん持ち物検査やボディーチェックは厳しかったです。

 

IMG_2881 P1020619

 

P1020616 P1020617

 

迎賓館は、かつて紀州徳川家の江戸中屋敷があった広大な敷地の一部に、明治42年(1909)に東宮御所(後に赤坂離宮となる。)として建設されたもので、当時日本の一流建築家や美術工芸家が総力を挙げて建設した日本における唯一のネオ・バロック様式の西洋風宮殿建築です。

 

P1020622 P1020621

 

戦後、わが国が国際社会へ復帰し、国際関係が緊密化してゆくなかで外国の賓客を迎えることが多くなったため、「旧赤坂離宮」を改修して迎賓館とすることになりました。

昭和49年(1974)の開館以来、世界各国の国王、大統領、首相などの国賓、公賓がこの迎賓館に宿泊し、政財学界要人との会談やレセプション、天皇皇后両陛下によるご訪問など華々しい外交活動の舞台となっております。また、過去3回の先進国首脳会議や日本・東南アジア諸国連合特別首脳会議(平成15年)などの重要な国際会議の会場としても使用されています。

 

明治時代に東宮御所として造られた豪華絢爛な洋風宮殿に立ち、繰り広げられた外交に思いをはせるのも楽しいものです。

 

 

この記事が気になったらいいね!