福井で一番あたたかい家|注文住宅・自然素材住宅をお考えなら松田工務店へ

メニュー開く メニュー閉じる

president-blog

HOME > 社長ブログ > 今日は大寒

今日は大寒

2015.01.20


新しい年が明けて、早や20日が過ぎ去ろうとしています。

 

今日は二十四節気の「大寒」です。1年で一番寒い時期です。この時期の水は「寒の水」と呼ばれます。

とくに大寒の朝の水は雑菌が少なく長期保存に向いているとされています。

 

我が社でも、本日朝礼で「大寒」そして「寒の水」の話しになりました。

社員の1人が、昔お婆ちゃんから「寒の水」は清い水で腐らないから神棚に掲げるといいと教わった話しを聞きました。

早速、事務所と家の神棚の水を「寒の水」に入れ替えました。

 

「大寒」と言っても今日は日差しも暖かく、いい気候です。

正月の頃には、はや、これだけ雪が降ると今年はどうなるんだと思ったのもそこまでで、あとはボチボチ。これくらいなら福井県地方には暖冬と言っても良いのかもしれませんね。

 

でも、まだまだ寒い日が続きます。

誰が書いた詩でしょうか?素敵な「砂時計の詩」を致知出版社の方から送って頂きました。

ほんのひととき心の和む時間をお過ごしいただけたらと思い、ここにご紹介します。

 

http://chichi.happy.nu/24/winter06/

 

1トンの砂が、時を刻む砂時計があるそうです。

その砂が、音もなく巨大な容器に

つもっていくさまを見ていると

時は過ぎ去るものではなく

心のうちに

からだのうちに

つもりゆくもの

「砂時計の詩」より

 

 

 

 

この記事が気になったらいいね!