福井で一番あたたかい家|注文住宅・自然素材住宅をお考えなら「松田工務店」へ

メニュー開く メニュー閉じる

president-blog

HOME > 社長ブログ > 学費

学費

2018.10.10


私事ですが、先週、三男の大学の授業料を納めてきました。
その時、これが6年間の最後の授業料なんだと思った瞬間、なぜだか、ホッとしたというか、感慨深いものが湧いてきました。
長男・次男・三男といろんなことがあって授業料をこうやって納め続けてきました。
これで親の勤めが終わるのかなと思うと、ホッとした反面少し淋しい思いが・・・。

長男が5年(大学院1年で終わったから)次男が4年そして3男が6年。こう振り返ると金額も金額ですが長年払い続けてきたんだな・・。っていう思いでした。

兄弟3人とも外で生活していましたからアパート代に生活費の仕送り、その他もろもろ。
すごいお金ですし、幸いにしてうちの場合は重なる時期が短かったので、まだ助かりましたけど、重なるお宅は大変でしたでしょうね。
ちなみに、子供を1人大学出すのに4年生大学ですと1000万・6年生大学ですと1500万ぐらいはかかるといわれています。私立大学ですと大学・学部によりますが、もっと高額になります。

それに、国公立大学ですと私立大学に比べるとかなり割安というのは昔の話しです。
これも学部に寄りますが、私より以前は約5倍、私の学生時代では約2.3倍、今は約1.6倍ぐらいです。

ちなみに、先日、息子の授業料を納めた時は半期で267,900円でした。
どうしてか、私が入学した時は半期で18,000円でした。
当時の高校の授業料より安かったので、今でも覚えています。
なんでもどんどん高くなりますね。

マイホームを計画されている方々には将来の教育費もかなりのご負担になるので必ず考慮して計画して下さい。
詳しいご相談は当社のスタッフまでお問い合わせ下さい。

この記事が気になったらいいね!