福井で一番あたたかい家|注文住宅・自然素材住宅をお考えなら「松田工務店」へ

メニュー開く メニュー閉じる

president-blog

HOME > 社長ブログ > 異常気象

異常気象

2018.10.06


一週間前の9月末日、台風24号を待っている時に書いたのが前回のブログ。

今日も台風25号が日本海を北上している中、ときおり強風が窓を襲ってきて、冷やっとしながらブログを書いています。

もちろん風がひどい時は、懐中電灯をもって点検に行っています。
昔から台風の時は夜な夜な現場を見回りをしていました。年間に1回ぐらいあったでしょうか、
しかし、今年は例年になく台風の襲来が多いのは、異常気象のせいだと誰もが思いますよね。

先日ある新聞に載っていた記事に、なるほどと思わず頷きました。(笑)

「非常に強い勢力」のままで列島を襲い、この勢力で年2回も上陸するのは統計がある1991年以降初めてだそうです。それに加え台風12号は統計史上初めて東から西へ東から西へ逆コースをたどったり、今年は関東甲信地区で観測史上最も早い6月下旬に梅雨明けし、7月の西日本豪雨では72時間雨量が全国119地点で過去最大となり、埼玉県の熊谷市では国内最高気温41.1度と記録を更新したのです。
嬉しい記録ならまだしも、こう新記録が次々に出ると今後がどうなるのかと心配になります。

 気象庁は、西日本豪雨と記録的猛暑を「異常気象の連鎖」と結論づけました。
異常な観測数値は、やがて平年値に取り込まれて「普通」になっていくのでしょうか、

すなわち、異常が普通になると言うことです。
慣れていくのが怖いですね。

この記事が気になったらいいね!